wordpress、web、youtube、パソコンなどITON

アイティーオン

伊東信浩
〒292-0823千葉県木更津市桜井新町4-17-7-101
TEL.050-3395-6188

ネットその他

SSL化対応してるのに「保護されていない通信」とGoogle Chromeで表示された時の対処法

投稿日:

今回は、クライアントから1通のメールが届いた所から

「相談ですが、弊社のHPをSSL対応するには、どうすれば良いですか。
ただ、あまりお金かけたくない。」

ごもっともでございます。お金は掛けたくないですよね。

でも、こちらのサイト、SSL化はしてあるはずなんだけど…と思い、SSLは、してありますよとメールにて返信したところ…

「ページ下部のサイトマップにカーソルを使づけると、確かにhttps になっていますね。
ただ、HP表示された際には、「保護されていない通信」と出てきます。Googleで。
当方ではなぜか?が分かりませんので、どうすれば良いのか?教えてもらえますか。
https対応しているから、問題ないということで、そのままで良いですか。」

ん?どういう事!?と思い、サイトにアクセスしてみると…

なるほど。確かに出ている…

ちゃんとhttps://サイト名でアクセスしているのに…

ちなみに、この表示は、Google Chromeが常時SSL化していないと、この表示を出すというもので、これが出るようになってからSSL化に関する問い合わせが増えました。

さて、この件ですが、結論から言うと、トップページだけ、この表示が出ていて、リンクをたどって、他のページにアクセスすると、問題なく表示されていたのです。

という事で、トップページのソースを開いて調べてみると1か所だけ、「http://」でリンクが張られている場所があったんです。

ちなみに、こちらは、ウィジットリアでした。

<img class="alignleft size-full" src="http://www.〇〇〇.com/wp-content/uploads/2020/01/〇〇〇.png" alt="" width="100" height="158" />

はい。この1か所のリンクだけで、Google Chromeは、保護されていない通信という風に表示していたという事でした。

せっかくSSL化していても、こういう1か所のリンクだけで表示が変わらないってことがあるんですね。

こちらは、備忘録として書いておきます。今後は、リンクもすべて「s」付けないと…汗

 

-ネットその他
-,

Copyright© アイティーオン , 2020 All Rights Reserved.